ACHIEVEMENT

Representative achievements in recent years

JAXA(宇宙航空研究開発機構)

2008年に大樹町との間で連携協力協定を締結し、多目的航空公園内に大樹航空宇宙実験場を整備。
宇宙科学用大気球実験や航空技術実験、新規宇宙技術としての「はやぶさ2」レーザ高度計や宇宙ステーション補給機搭載小型回収カプセルに関する実験などが幅広く行われている。

  • 大気球実験

    2020.6.22-9.11

  • 救難ヘリコプタ用状況認識支援システム(SAVERH)センサ・表示システム飛行実験

    2020.10.13-11.5

  • ヘリコプタ障害物検知飛行実験

    2020.10.25-10.31

  • 小型無人機の自動飛行・ミッション性能向上技術の研究

    2020.10.26-11.8

川崎重工業株式会社

"従来型では技術的に限界があるヘリコプターの高速化を目指し、無人コンパウンド・ヘリコプター「K-RACER」を使用した飛行試験を実施、技術実証を行った。2020年の試験では自律制御による安定した飛行を確認できた。 "

  • 無人コンパウンド・ヘリコプター「K-RACER」飛行試験

    2020.7.6-7.17

インターステラテクノロジズ株式会社

観測ロケット「MOMO」と超小型衛星打上げロケット「ZERO」を独自に開発・製造している。2019年、「宇宙品質にシフトMOMO3号機」を打ち上げ、⺠間企業単独で開発製造したロケットとして国内で初めて宇宙空間に到達した。

  • 観測ロケットMOMO打上げ

    2017.7〜

  • エンジン燃焼試験等

PDエアロスペース株式会社

滑走路で離着陸する宇宙飛行機(スペースプレーン)の開発を進めている。世界初となるジェット燃焼モード/ロケット燃焼モード切替エンジンの技術実証及び実用化に向けて、2016年から大樹町で飛行試験をしている。

  • 宇宙空間(高度100km)到達に向けた技術実証を行う新型無人実験機PDAS-06の地上試験

    2020.7.18-8.17

  • 無人プロペラ機の遠隔操縦試験

    2016.4.25-4.29

国立大学法人 室蘭工業大学

"インターステラテクノロジズ株式会社との共同研究や北海道スペースポートにおける実験など、大樹町における宇宙のまちづくりに大きく貢献。2020年3月には地域社会の発展と人材育成及び学術の振興に寄与することを目的として、大樹町と包括連携協定を締結した。  また、北海道スペースポートに整備される研究用実験設備として、全長3000m級フルスケール高速走行軌道実験設備の導入を構想中である。"

  • 小型超音速無人実験機「オオワシ2号」関連実験(縮小機体の滑走・離陸実験,および車載走行実験)

    2020.11.7-11.16

  • 小型超音速無人実験機「オオワシ2号」関連実験(縮小機体の滑走・離陸実験,および車載走行実験)

    2019.11.16-12.7

  • 小型超音速無人実験機「オオワシ2号」関連実験(車載走行実験)

    2018.11.28-12.2

国立大学法人 北海道大学

北海道大学と地元の株式会社植松電機が開発したCAMUI型ハイブリッドロケットの打上げ実験を大樹町内で行いました。固形のプラスチック樹脂に液体酸素と高温の燃焼ガスを繰り返し衝突させて燃やす革新的燃焼方式を実現させることで、安価で安全性の極めて高い無火薬式小型ロケットとして世界的な注目を集めています。

  • 2段式CAMUI型ハイブリッドロケット打上げ実験(×植松電機)

    2016.4.14

  • 超音速飛行実験(×植松電機)

    2013.3.29,2012.7.28,2007.8.4

  • エジェクタロケット小型研究用モデルの亜音速飛行実験(×JAXA)

    2009.3.13-3.16

国立大学法人 電気通信大学

災害発生時などに空からの活用が期待できる無人航空が注目されていることから、情報理工学部の田中研究室では、スマートにミッションを遂行する自律飛行ロボット「スマート飛行体」の開発・研究を進め、2011年から大樹町で実験を行っている。

  • 小型飛行ロボット自律飛行制御実験

    2020.9.10-9.27

  • 小型飛行ロボット自律飛行制御実験

    2019.4.26-5.9、8.7-8.27

  • 小型飛行ロボット自律飛行制御実験

    2018.4.28-5.8、8.8-8.17

学校法人 東海大学

手作りで低価格なロケット開発の場を学生に提供し、将来の宇宙技術者を養成することを目的としたTSRP(Tokai Student Rocket Project)が1995年に設立。小型ハイブリッドロケットを夏と冬の年2回打上げている。

  • ハイブリッドロケット打上げ実験

    2018.2.28-3.7

  • ハイブリッドロケット打上げ実験

    2017.2.27-3.7

  • ハイブリッドロケット打上げ実験

    2016.2.28-3.7

ソフトバンク株式会社

雪山や山岳地域などでの早期の遭難者救助を目的に、独自に改良したドローン無線中継システムを利用した屋外実証実験を実施。2018年に行われた実験では、遭難者が加入する移動通信事業者に依存することなく、スマホの位置が特定できることを確認した。

  • 災害対策用無線中継システム実証実験

    2018.4.19-25

  • 災害対策用係留気球実験

    2016.5.9-13

HOSPOは北海道スペースポートの略称で、北海道大樹町が保有する、アジア初の開かれた宇宙港です。
HOSPOの企画・営業は、SPACE COTAN株式会社が推進しています。

Yoshinori Odagiri

CEO

Daisuke Ode

COO

Yasuyuki Hoshiba

CTO

Mika Nakagami

CMO

Name SPACE COTAN Co., Ltd
Head Office Address Memu183,Taiki-town,Hiroo-gun,Hokkaido,089-2113,Japan
CEO Yoshinori Odagiri
Founded Apr. 2021
Capital 76 million yen
Employees ・Design, construction, management, and operation of spaceports such as rocket launch sites and test sites
・Launch support for suborbital rockets, orbital rockets and spaceplanes
・Research, consulting , marketing and PR services related to the aerospace business
※Partial description
Website https://hokkaidospaceport.com